咬合性外傷とは


  • 咬合性外傷は特に歯周病の場合に問題となります。
  • 噛み合わせの治療が必要になります。
  • 顎がずれてしまっている場合は、顎のずれを治すのとあわせて噛み合わせの治療が必要になります。
  • 睡眠時の歯ぎしりや食いしばりが一番の問題になります。
  • 歯ぎしりする際のかみ合わせをしっかりと調整する必要があります。
  • 歯が揺れてしまっている場合は、固定する必要がある場合があります。
  • 抜歯になる可能性が非常に高まります。