噛み合わせの検査

噛み合わせの検査は、顎の位置の検査、歯の接触具合の検査、歯並び、骨格の検査、顎の運動の検査を行います。

 

詰め物を歯医者で入れる場合、歯型を取って、ワックスを噛んでかみ合わせを取った経験のある方は多いと思います。この場合は、歯並びと、歯の接触具合の検査を行っています。顎の位置や運動、骨格は問題ないことが前提で処置をしております。

 

かみ合わせに問題のある方は、より精密に多くの項目の検査をする必要があります。

 

検査の意味

 

顎の位置が50%程の方でずれているということをご存知の方は少ないと思います。理想的な位置からどれくらいずれているかを、噛んだ状態、強くかみしめた状態、開けた状態など静的な状態での位置を確認することで、ずれを確認します。

 

また、顎の運動に障害がある場合が多いのですが、運動を検査することで、かみ合わせ、軟骨のずれ、靭帯のゆるみ、関節の骨の変形などの運動の障害の原因を診断していきます。

 

使用する機材

 

使用する機材は、顎運動の測定装置、調節性の咬合器となります。

  • 顎運動測定装置 (キャディアックス)
  • 歯ぎしりの検査 (ブラックスチェッカー)
  • 調節性咬合器・フェイスボー
  • セファロレントゲン

顎運動測定装置 キャディアックス

顎運動測定装置 キャディアックス
顎運動測定装置 キャディアックス

顎のズレは、顎の運動を測定することでわかります。

 

顎の運動量や運動の軌道、左右差などを確認することで、顎関節にどのような異常が起きているかを判断します。

 

また、本来の顎の位置からずれてしまっている場合は、何ミリずれているかを測定し、治療でどの程度顎の位置を戻すのかの診断をする上で重要となります。


歯ぎしりの検査 ブラックスチェッカー


調節性咬合器・フェイスボー

 

咬合器は、噛み合わせの診断に必要な装置です。咬合器ではお口の中で確認できないはの噛み合わせの状況を精密に確認することができます。

 

また、仮歯やスプリント、セラミックなど、噛み合わせの確認に使用する技工物なども作成するために使用します。

フェイスボーを使用して、関節の位置と歯の位置関係を咬合機上で確認できるようにします。
フェイスボーを使用して、関節の位置と歯の位置関係を咬合機上で確認できるようにします。


お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


噛み合わせの検査に関するブログ

顎のズレを計測する装置 キャディアックスのご紹介

顎がなんとなくずれている気がする!

 

と思われている方も多いのですが、では何ミリずれているのか?上下左右どっちにずれているのか?という正確なズレは見た目だけではわかりません。

 

 

顎のズレの治療を行うのでしたら、どの程度の量、どの方向にずれているのかを精密に測定して、ズレているのと同じ量戻して顎の位置の回復をさせる必要があります。

 

顎関節の運動の測定装置はいろいろな種類のものがありますが、しっかりと量や方向を治療に利用できる測定機械は現在のところキャディアックスという装置でしかありません。

 


キャディアックスで顎の運動の測定する様子

顎のズレを計測する装置 キャディアックス
顎のズレを計測する装置 キャディアックス

基準の位置から動かし始めてもらっています。

 

前後、左右、開け閉め、歯ぎしり、発音、嚥下、咀嚼、噛み締め、の時の運動や、顎の位置を計測します。

 

噛み合わせのその他の検査に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。

 

噛み合わせの検査のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)