歯ぎしりについて

  • 歯ぎしりはほぼすべての人が行っている
  • 歯の接触時間は,噛む飲み込む場合は20分、強さは30kgf,歯ぎしりをしている場合は30分、50〜100kgfと報告されている
  • 歯ぎしりが原因で歯がえぐれたように削れる くさび状欠損の原因となる
  • 犬歯が内側に入り込んでいる場合は、犬歯が使われていない場合がある ガイドが強すぎるため、犬歯誘導となっていない
  • グループファンクションの咬合は犬歯誘導の咬合に比べてアブフラクションが発生するリスクが12倍となる
  • グループファンクションの咬合は筋の活動を活発にする
  • 犬歯の先端で歯ぎしりをする人は筋の活動が高い
  • 歯ぎしりはブラックスチェッカーで確認する 診療所ではわからない

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120-25-1839

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)


メモ: * は入力必須項目です



歯ぎしりに関するブログ

歯ぎしりとかみ合わせの問題

歯ぎしりとかみ合わせの問題

歯ぎしりとかみ合わせの問題

 

歯ぎしりは人間のストレス発散のために必要なことですが、かみ合わせが悪いと悪い歯ぎしりをすることになり、歯や歯茎、顎関節に対して悪い影響を与えることになります。

 

歯ぎしりが原因で起こる症状

 

歯が弱ければ歯がしみたりかけたり虫歯になりやすかったり、歯茎が弱ければ歯周病が進みやすかったり歯茎の退縮がおきたりします。

顎の関節が弱ければあごが痛かったり、口を開けるときに音が鳴ったり痛かったり口が開きにくくなったりします。

 

歯ぎしりとかみ合わせの診断について 

 

必ずしも決まった症状が出るわけではないので、歯ぎしりとかみ合わせの診断は難しいことが多く、見ただけではわかりません。

 

歯ぎしりの診断に必要な機材

 

歯ぎしりとかみ合わせの診断は、一般論ではなく当院で行っているような器材を用いた総合的な審査・診断が必要です。

 

歯ぎしりと噛み合わせの検査に関するページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120-25-1839

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)