歯並びとかみ合わせのページへようこそ!!

このページにお越しになられたあなたは、おそらく将来歯がなくなったら噛めない入れ歯でもよいと歯のことを適当に考えている方ではないと思います。

 

おそらく、しっかりとご自身の歯や入れ歯でない固定式の差し歯などで、生涯暮らしていきたいとお考えの方なのではないでしょうか?

 

良い歯並びやかみ合わせはご自身の歯を長持ちさせます!!

 

また、ご想像できるかとおもいますが、見た目がきれいで、しっかりとお食事ができる歯をお持ちでしたら、健康状態もよりよくなります。

 

生活のQOLを高める歯科治療が歯並びやかみ合わせ治療とお考えいただけると思います。


噛み合わせの問題って何?


テレビ局より取材された内容が編集して放送されております。YOUTUBEの動画で見れます。まとまっておりますのでぜひご覧ください。

噛み合わせの問題や、検査方法、治療についての詳しい流れをまとめた動画になっております。ご参考になさってください。


ところで、良いかみ合わせって何?

良い歯並びと良いかみ合わせは、同じようなことかと思われている方も多いのですが、ちがうものです

 

たとえば、上下の歯を審美歯科で非常にきれいに並んだ歯並びにしたとします。人工的にオールセラミックなどを作成しますので、きれいに並んでいるけどずれてしまって、しっかりと上下で接触しないということが起きる場合があります。

 

こういった場合、良い歯並びだけど、悪いかみ合わせということになります。

 

良いかみ合わせとは、

  1. 上下の歯を接触させたときに奥歯を中心に均等によく接触すること
  2. 噛んだ時など、顎の運動をした時に動きをずらす原因になる接触がないこと
  3. 歯ぎしりが顎の運動と調和しスムーズに行える歯の接触の角度があること
  4. 食いしばった時に顎の関節に負担のかからない奥歯の支えがあること
  5. 噛んだ時に顎の位置がずれる接触がないこと

などの条件が満たされている場合のことをいいます。

 

 


どういう問題があるの?

良いかみ合わせの条件を満たさない場合には下記のような問題が起こってきます。

 

  1. 上下の歯が均等に接触しない場合、強く当たる歯に痛みが出たり、ひびが入ったり、歯が揺れるようになってしまったりします。場合によっては顎の位置がずれてしまう事もあります。
  2. 運動時の接触は、顎の位置をずらして顎関節症下顎頭の変形などの原因になることがあります。
  3. あごの関節に調和しない歯の接触は、食いしばりや、異常な位置での歯ぎしりや、顎の位置をずらす原因になります。
  4. 食いしばった時に奥歯がしっかりと支えになっていない噛み合わせの場合、顎の関節の軟骨がずれてしまったり、下顎頭の変形を引き起こす原因になります。
  5. 噛んだ時に位置がずれる場合、接触する歯に痛みや、ひびが入ったり、歯が揺れる原因となったり、顎の関節や靭帯に問題が出ることがあります。

 


どんな方法で治療するの?

噛み合わせの治療では、でまず一番重要なことは精密な検査をすることです。

 

多くの歯科医院で行われているかみ合わせの調整は、顎関節に問題のない方のために行われている方法です。

 

詰め物や被せモノをセットする際に、かみ合わせ治療というと、多くの歯科医院では、強く当たるところを削って当たりが均一にするようにしております。また、歯が揺れている場合は、接着剤で固定したうえで、かみ合わせを削って歯が揺れないように調整するとかといったことがしばしば行われております。

 

あごの状態が問題ない場合であれば、一時的な効果はありますが、かみ合わせがもともと悪い方の場合は、そういった方法ではしばらくするとまた悪くなってきてしまいます。

 

そのため、かみ合わせを治す際には、しっかりと現状のかみ合わせが正常なのか異常なのかを、科学的に客観性のある検査をすることで、問題点が数値化する必要があります。噛み合わせの状態を正常な数値に戻すことをしていくことが、かみ合わせ治療となります。

 

なんとなく治療を行ってしまうと、元に戻せないばかりか悪くなってしまう可能性があります。



無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせや、顎のズレなど気になられている方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングでは、お口の中を拝見して、疑われる問題をご説明することと、必要な検査のご説明をさせていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

メモ: * は入力必須項目です



咬合治療のトピック


口が開かない方へ

口が開きにくい場合の多くは顎の関節のずれによるものです。

 

痛みを取ったり、開けれるように訓練することも必要ですが、かみ合わせが原因の場合は、咬合治療が必要な場合もあります。

 

口が開かない方へのページはこちらをクリック!


あごの痛い方

あごの痛みは、顎の関節の痛みなのか、筋肉の痛みなのかなど、原因を確認することが必要になってきます。

 

場合によっては、痛み止めの服用や、マウスピースの装着が必要な場合もあります。

 

あごのお痛みに関するページのリンクです!


歯周病の重度な方

歯周病が進行してしまって、歯の揺れている方は、通常かみ合わせがずれてきてしまっています。

 

かみ合わせがずれると、顎の位置もずれてしまう事もあります。

 

あごの位置がずれてしまっている場合に、歯科治療を行う際には、現状のずれた位置で差し歯やインプラントを行うと持ちが悪くなってしまいます。

 

しっかりとした治療を行う場合は、顎の位置を本来の位置に戻してから、差し歯や、インプラント、入れ歯などの治療を行うことが、歯を長持ちさせるためには重要になります。

 

歯周病の重度の方のかみ合わせ治療のページのリンク


咬合性外傷とは

咬合性外傷とは噛む力が原因で、歯の周囲の骨がなくなり、歯が揺れてしまう症状のことを言います。

 

健全な歯でも噛む力が強く歯に作用する場合は歯が揺れてきます。作用する矯正治療のように持続的に力を加えると歯が動くのと似たようなことだと思われると分かりやすいかもしれません。

 

歯周病の方は、歯の周囲の骨の量が少ないため、比較的弱い力が加わっても歯が揺れる場合もあります。

 

咬合性外傷が起こると、歯が揺れますので、かみ合わせが安定しなくなってしまう事がしばしば起こります。顎がずれてしまうことも多いです。

 

そのため、咬合性外傷が起こらいないようなかみ合わせにする治療が必要になります。

 

咬合性外傷のページのリンク


矯正治療後に顎が鳴る方


シークエンシャル咬合とは


噛み合わせの検査ってどうするの


まえから見て顎がずれている場合何が問題?


顎関節症の方の歯科治療の注意

顎関節症の方の歯科治療は噛み合わせが重要です。

矯正治療、インプラント治療、歯周病治療、被せ物や審美治療の後に顎関節症が発症することがあります。

 

これは、矯正治療、インプラントや歯周病、審美歯科など被せ物などの治療を行うことで、噛み合わせが変わることが原因となります。

 

顎関節に負担のかかる噛み合わせで歯軋りをしてしまうことで、より強い力が顎関節にかかりますので、顎の負担にならない噛み合わせに直すことが重要になります。

 

顎関節症の方は、歯科治療前に顎のズレを検査し、顎のズレを改善した上で、顎に負担のかからない噛み合わせに直すことが理想的な治療と言えます。

 

噛み合わせ治療のページ 

続きを読む

歯が折れやすい方、差し歯の脱離が繰り返す方は噛み合わせの治療が必要な場合が多いです。

入れていた差し歯が折れてしまった、土台ごと取れて歯がなくなった。と言った経験をされることもあると思います。

 

下で触ると隙間が開いているので、気になるという問題は比較的小さな問題なのかもしれません。歯が折れるほど強く噛んでしまう噛み合わせになっていることが将来的に歯を残すために大きな問題になっていると思われます。

 

歯の破折がいろんな部分で繰り返す方は単にお手入れが悪いということではなく、噛み合わせの変化によって、歯に負担がかかり歯が折れてしまっています。

 

しっかりと歯を長持ちさせるためには全体的な噛み合わせから治す必要があるかもしれません。

 

噛み合わせと歯科治療のページ

続きを読む

顎のズレや噛み合わせの問題を矯正治療で治したほうが良い場合があります。

顎の痛みの原因がかみ合わせと判断される歯並びの一つにオープンバイトという歯並びがあります。

 

オープンバイトは、奥歯しか噛んでいないため、接触している奥歯に歯周病や破折の問題が起こりやすく、また、かみ合わせが安定しにくいため顎関節周囲の筋肉や腱に負担をかけてしまう歯並びです。

 

通常、オープンバイトの場合は噛み合わせのズレを治すために矯正装置をしようします。


続きを読む

噛み合わせと歯周病

歯軋りや噛み合わせが歯周病の直接的な原因になることはないと言われています。

 

しかしながら、歯周病が進行している方に関しましては、強い力が歯に加わることで、歯の根っこや歯の周囲の骨に負担をかけて、骨の吸収を促進してしまうことも知られています。

 

歯周病になる年齢の30過ぎた方は噛み合わせの悪いところは特に歯周病の注意をする必要があります。

 

定期検査で、前回までなんとも無いところが、急に歯が揺れてきたとか、歯周ポケットが急に深くなってきたという場合特に気をつけた方が良いでしょう。

 

また、歯軋り等で歯の接触する部分の歯周病が進行してしまった場合は、歯周病の治療と合わせて、噛み合わせの治療を行う必要がある可能性が高いと思われます。単純に歯が当たっているから削るということでは解決せず、他の歯まで悪くなってしまう事などがしばしばあります。

 

歯周病が進行してしまった時は、早急に噛み合わせの検査(歯軋りの検査など)を行い、問題を確認した上で処置を行うことをお勧めしております。

 

噛み合わせの検査についてのページ


続きを読む

虫歯や歯周病でなくても歯を失くことがあるの?

あまり知られていないことですが、近年、虫歯や歯周病で歯を抜く以外に歯が折れたりかけたりして歯を抜くことが増えています。

 

何かと言いますと、歯ぎしりや食いしばりによる歯の破折が原因で歯を抜くケースです。

 

虫歯や歯周病がない方でも噛み合わせの悪い方は、歯ぎしりや食いしばりによって歯を失うことになってしまう事があります。

 

歯ぎしりやかみ合わせは歯を長持ちされるうえで重要になります。


続きを読む

咬合性外傷ってご存知ですか?

前歯は問題ないのに奥歯だけどんどん歯周病が進行してしまったり、神経を抜くことになってしまっている方が増えています。

 

こういった場合の多くは、咬合性外傷と言って、奥歯にかみ合わせの負担がかかってしまて歯を悪くしていることによります。

 

噛む力の問題は、歯周病や虫歯以上に大変な問題で、咬合性外傷の歯は、歯周病の進行を急速に早めてしまったり、歯のヒビができることで内部のほうまで虫歯が進行することが起きます。

 

かみ合わせを変えずにインプラントや入れ歯をしても長持ちしないばかりか、さらにあごの骨の状態を悪くしてしまう事もあります。

 

まずは、かみ合わせの検査をする必要があります。

 

噛み合わせの検査のページ


続きを読む

口が開きにくいのは病気?

口が開きにくい方は治療が必要?

あなたは口を大きく開けれないとか、食事の時はどっちか片側で食べるのが楽とか言った症状がありませんか?

 

普段、口が開きにくい方でも、多くの場合、長期間経過して口が開かないのが習慣化してくるとそれほど不自由に感じられなくなってきます。

 

ただ、お分かりかと思いますが、日常生活に支障がない場合でも顎の関節の問題は改善してません。

 

口が開きにくい方の多くは、関節の動きをスムーズにする関節の軟骨がずれてしまう問題が起こっています。合わせて顎の位置がずれてしまう事が多いです。ひどい場合は関節の骨が変形して吸収して短くなってしまっています。

 

顎関節の問題がある方は、かみ合わせがずれてしまうため、奥歯がずれて強く当たることによって、歯が欠けてしまったり、削れてしまったり、歯周病が悪化してしまったりします。

 

咬合病と言っておりますが、しっかりと歯を磨いていても歯が折れてしまったりすると歯を残せなくなってしまうということが起こってしまいます。

 

そのため、将来、歯をしっかりと残したい、合わない入れ歯を入れたくないという方は、顎の関節や軟骨のずれが悪化するのを抑える必要があります。

 

口が開きにくいという場合の多くはお口の中の歯の状態が原因です。親知らずが生えてきたとか、歯並びが原因になることもあります。

 

まずは、顎関節の治療を行っている歯科にご相談されることをお勧めしております。

 

 

 

 

 

口が開かない方へのページ

 

 

続きを読む

咬合治療では歯ぎしりをした時のかみ合わせを良くします。

歯ぎしりをした時のかみ合わせを確認するブラックスチェッカーを利用して、咬合治療の改善を確認しております。

 

ブラックスチェッカーは非常に薄いマウスピースに食品用の色素を塗布したものです。歯ぎしりをすると、歯の接触した部分が白く色が抜けます。

睡眠時にこのブラックスチェッカーを装着して寝ていただいて、睡眠中の歯ぎしりの状態を記録します。

使用したブラックスチェッカーを診療日にお持ちいただき、ずらさずに噛んだ位置を青くインキします。

 

それによって、歯ぎしりをした際に歯に接触している部分を確認することができます。

咬合治療例

続きを読む

顎運動の回転の中心について

トゥルーヒンジで咬合器装着

顎運動の検査装置で確認した、顎の関節の回転する中心点を基準に、歯の模型を咬合器にセットすることが可能です。

 

顎の関節の位置といっても範囲が広いので、関節の中の回転中心を基準に模型をセットすることで、咬合器上で顎の運動をさせる際により正確な運動をかくにんすることができます。このことをトゥルーヒンジでの咬合器装着と言っています。

 

噛み合わせの検査についてのページ

続きを読む

奥歯がないと出っ歯になる話

年配の方に出っ歯な方が多い気がしませんか?

 

しゃべっている時にツバが飛びやすくなってしまったり、活舌が悪くなってしまっている方の中には年齢とともに出っ歯になってしまっていることが原因である場合があります。

 

奥歯がしっかりと噛めていないと、前歯で噛むことになります。前歯は噛む力を支えるほど強くないため、歯に噛む力がかかり続けると上の前歯が下の前歯に押されて前に出てくる矯正力がかかって、前に出てきてしまいます。

 

歯周病で奥歯が揺れてしまっている方、合わない入れ歯で奥歯がすり減っている方、奥歯がない方などは、奥歯で噛む力を支えることができないため、前歯に力がかかって出っ歯になりやすい状況です。

 

もちろん、出っ歯になる見た目以上に、前歯に負担がかかることのほうが問題です。前歯が悪くなりやすく、上の前歯を失うことになってしまう可能性が高くなります。

 

かみ合わせ治療に関するページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

かみ合わせ治療のページ


続きを読む