歯並びとかみ合わせのページへようこそ!!

このページにお越しになられたあなたは、おそらく将来歯がなくなったら噛めない入れ歯でもよいと歯のことを適当に考えている方ではないと思います。

 

おそらく、しっかりとご自身の歯や入れ歯でない固定式の差し歯などで、生涯暮らしていきたいとお考えの方なのではないでしょうか?

 

良い歯並びやかみ合わせはご自身の歯を長持ちさせます!!

 

また、ご想像できるかとおもいますが、見た目がきれいで、しっかりとお食事ができる歯をお持ちでしたら、健康状態もよりよくなります。

 

生活のQOLを高める歯科治療が歯並びやかみ合わせ治療とお考えいただけると思います。


噛み合わせの問題って何?


テレビ局より取材された内容が編集して放送されております。YOUTUBEの動画で見れます。まとまっておりますのでぜひご覧ください。

噛み合わせの問題や、検査方法、治療についての詳しい流れをまとめた動画になっております。ご参考になさってください。


ところで、良いかみ合わせって何?

良い歯並びと良いかみ合わせは、同じようなことかと思われている方も多いのですが、ちがうものです

 

たとえば、上下の歯を審美歯科で非常にきれいに並んだ歯並びにしたとします。人工的にオールセラミックなどを作成しますので、きれいに並んでいるけどずれてしまって、しっかりと上下で接触しないということが起きる場合があります。

 

こういった場合、良い歯並びだけど、悪いかみ合わせということになります。

 

良いかみ合わせとは、

  1. 上下の歯を接触させたときに奥歯を中心に均等によく接触すること
  2. 噛んだ時など、顎の運動をした時に動きをずらす原因になる接触がないこと
  3. 歯ぎしりが顎の運動と調和しスムーズに行える歯の接触の角度があること
  4. 食いしばった時に顎の関節に負担のかからない奥歯の支えがあること
  5. 噛んだ時に顎の位置がずれる接触がないこと

などの条件が満たされている場合のことをいいます。

 

 


どういう問題があるの?

良いかみ合わせの条件を満たさない場合には下記のような問題が起こってきます。

 

  1. 上下の歯が均等に接触しない場合、強く当たる歯に痛みが出たり、ひびが入ったり、歯が揺れるようになってしまったりします。場合によっては顎の位置がずれてしまう事もあります。
  2. 運動時の接触は、顎の位置をずらして顎関節症下顎頭の変形などの原因になることがあります。
  3. あごの関節に調和しない歯の接触は、食いしばりや、異常な位置での歯ぎしりや、顎の位置をずらす原因になります。
  4. 食いしばった時に奥歯がしっかりと支えになっていない噛み合わせの場合、顎の関節の軟骨がずれてしまったり、下顎頭の変形を引き起こす原因になります。
  5. 噛んだ時に位置がずれる場合、接触する歯に痛みや、ひびが入ったり、歯が揺れる原因となったり、顎の関節や靭帯に問題が出ることがあります。

 


どんな方法で治療するの?

噛み合わせの治療では、でまず一番重要なことは精密な検査をすることです。

 

多くの歯科医院で行われているかみ合わせの調整は、顎関節に問題のない方のために行われている方法です。

 

詰め物や被せモノをセットする際に、かみ合わせ治療というと、多くの歯科医院では、強く当たるところを削って当たりが均一にするようにしております。また、歯が揺れている場合は、接着剤で固定したうえで、かみ合わせを削って歯が揺れないように調整するとかといったことがしばしば行われております。

 

あごの状態が問題ない場合であれば、一時的な効果はありますが、かみ合わせがもともと悪い方の場合は、そういった方法ではしばらくするとまた悪くなってきてしまいます。

 

そのため、かみ合わせを治す際には、しっかりと現状のかみ合わせが正常なのか異常なのかを、科学的に客観性のある検査をすることで、問題点が数値化する必要があります。噛み合わせの状態を正常な数値に戻すことをしていくことが、かみ合わせ治療となります。

 

なんとなく治療を行ってしまうと、元に戻せないばかりか悪くなってしまう可能性があります。



無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせや、顎のズレなど気になられている方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングでは、お口の中を拝見して、疑われる問題をご説明することと、必要な検査のご説明をさせていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

メモ: * は入力必須項目です



咬合治療のトピック


口が開かない方へ

口が開きにくい場合の多くは顎の関節のずれによるものです。

 

痛みを取ったり、開けれるように訓練することも必要ですが、かみ合わせが原因の場合は、咬合治療が必要な場合もあります。

 

口が開かない方へのページはこちらをクリック!


あごの痛い方

あごの痛みは、顎の関節の痛みなのか、筋肉の痛みなのかなど、原因を確認することが必要になってきます。

 

場合によっては、痛み止めの服用や、マウスピースの装着が必要な場合もあります。

 

あごのお痛みに関するページのリンクです!


歯周病の重度な方

歯周病が進行してしまって、歯の揺れている方は、通常かみ合わせがずれてきてしまっています。

 

かみ合わせがずれると、顎の位置もずれてしまう事もあります。

 

あごの位置がずれてしまっている場合に、歯科治療を行う際には、現状のずれた位置で差し歯やインプラントを行うと持ちが悪くなってしまいます。

 

しっかりとした治療を行う場合は、顎の位置を本来の位置に戻してから、差し歯や、インプラント、入れ歯などの治療を行うことが、歯を長持ちさせるためには重要になります。

 

歯周病の重度の方のかみ合わせ治療のページのリンク


咬合性外傷とは

咬合性外傷とは噛む力が原因で、歯の周囲の骨がなくなり、歯が揺れてしまう症状のことを言います。

 

健全な歯でも噛む力が強く歯に作用する場合は歯が揺れてきます。作用する矯正治療のように持続的に力を加えると歯が動くのと似たようなことだと思われると分かりやすいかもしれません。

 

歯周病の方は、歯の周囲の骨の量が少ないため、比較的弱い力が加わっても歯が揺れる場合もあります。

 

咬合性外傷が起こると、歯が揺れますので、かみ合わせが安定しなくなってしまう事がしばしば起こります。顎がずれてしまうことも多いです。

 

そのため、咬合性外傷が起こらいないようなかみ合わせにする治療が必要になります。

 

咬合性外傷のページのリンク


矯正治療後に顎が鳴る方


シークエンシャル咬合とは


噛み合わせの検査ってどうするの


まえから見て顎がずれている場合何が問題?


アブフラクションとは?

歯軋りをすると歯の付け根が削れてきます。

歯の根っこが露出してしまっている部分が削れてしまっています。
アブフラクション例 歯の根っこが露出してしまっている部分が削れてしまっています。

歯の接触が強い歯の歯と歯茎の付け根の部分が削れて近く過敏を起こすことがあります。

 

これは、歯ブラシをしすぎて削れてしまったわけではありません。

 

アブフラクションと言ってます。日本ではくさび状欠損をいうこともあるこう言った歯の根っこが削れてしまう理由は、歯軋りなどの歯にかかる力が原因となります。歯軋りをする際に、噛み合わせの力が歯の付け根にかかり、歯がたわむ力がかかるために削れることがわかっています。

 

歯茎のあたりが染みてしまう原因はこのアブフラクションであることがほとんどです。近く過敏のお薬を使用したり、詰め物で削れたところをコーティングして症状を緩和することがしばしば行われています。

 

ただ、削れる原因は噛み合わせであるため、噛み合わせの改善が行われなければさらに歯の根っこが削れて、近く過敏が再発することにもなります。

 

アブフラクションのある方の歯科治療は、かみ合わせを確認して行う必要があります。

 

歯軋りと歯科治療のページ

出っ歯の審美歯科治療は難しい?

短期間に出っ歯の見た目を改善するためにセラミックで前歯を治しても良いのか?

結論から言いますと、顎の関節にはあまり良くない影響があります。

 

どうしてもセラミック治療などで前歯を後ろに下げると、顎の関節が後ろにずれやすくなります。顎関節症の問題を起こしやすい噛み合わせとなってしまします。

 

セラミック治療など審美歯科治療以外にも抜歯をして矯正治療をする場合、前歯が内側に入りすぎるとやはり顎が後ろにずれやすくなりますので、顎関節症になるリスクは高まります。

 

審美歯科治療をする際には、顎関節の問題なども考えた上で治療を行い、定期的な検査をしていく必要があるかもしれません。

 

自覚症状が出ない方も多いので、どうしても見た目の改善をしたいと言う場合は審美歯科で出っ歯を引っ込めると言うのも一つの選択肢と思います。

 

症状が出てしまった場合は、顎の関節に調和した噛み合わせに戻すために顎関節のための矯正治療を行うこともあります。

 

噛み合わせと歯科治療のページ

歯が揺れ始めたら噛み合わせのチェックをした方がよい理由

もしあなたのの歯が揺れてきてしまった場合、どう思いますか?

 

きっと非常に不安になるのではないでしょうか?何か問題が起こってしまっているのではないかと感じると思います。

 

歯が揺れるという場合の原因は、歯が割れてしまっている場合や、歯の周囲を支える骨が吸収してしまっている場合、歯と骨をつなげているコラーゲン繊維が緩んでいるといったことが考えられます。

 

どれも大きな問題ですが、多くの場合、かみ合わせが影響をしています。歯周病が進行してしまっている歯の多くは咬み合わせが強く当たり歯を揺らしていますし、歯ぎしりが強くて歯が折れたり、歯が揺れるようになる場合も咬み合わせが揺れる歯に強く当たる状態になっている場合が多いです。

 

そのため、歯が揺れている場合はまず噛み合わせの確認からすることをお勧めしております。

噛み合わせと歯の破折

噛み合わせの力で歯が折れる事があります。

噛む力で歯が折れるってご存知でしょうか?

 

飴とか氷とか硬いものをかじったと言った事がなくても、歯が折れることは普通に起こります。

 

それは、睡眠時の歯ぎしりの際に起こります。

歯ぎしりは、無意識に噛み締めていますので、体重の4倍とか、100キロ以上とか言われる力で歯軋りをしています。

 

噛む力が歯の一部に集中する噛み合わせの場合は、歯が欠けてしまったり、すり減ってしまう事がイメージ的にもおわかりいただけるのではないでしょうか?

 

セラミックの差し歯が欠けてしまったり、差し歯が外れてしまう原因の多くは歯軋りによるものと考えられております。

 

歯軋りをしても良い歯の噛み合わせにすることで、歯へのダメージを減らす事ができます。

 

歯がすぐ欠けてしまう方や差し歯がすぐ外れると言う方は、噛み合わせの無料カウンセリングを行なっておりますのでご相談ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2ー6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

 

噛み合わせと歯科治療のページ

噛み合わせが悪いと虫歯になる?

噛み合わせが悪い場合、歯にヒビが入って虫歯になってしまう事があります。

歯にヒビが入るって大ごとのように思われますが、歯には無数のヒビが入っております。

 

ただ、程度の差があり、細菌が侵入するような大きなヒビが入ってしまった場合に虫歯や歯周病などの問題を起こします。

 

特に奥歯の噛む面には、無数のヒビが入っております。悪い噛み合わせで歯軋りをしてしまうと、強い力で噛み合わせるため歯にヒビが入りやすくなります。

 

また、歯ぎしりの力が奥歯にかかりやすい噛み合わせの場合、歯と歯の間にも歯が押されて擦られるため、ヒビが入りやすく、歯と歯の間が虫歯になってしまう事があります。歯と歯の間は清掃しにくいこともあり、虫歯の好発部位となります。

 

噛み合わせと歯科治療のページ

歯周病治療に噛み合わせ治療が必要なわけ

重度な歯周病治療をする場合は噛み合わせを確認する必要があります。

歯周病が進行して重度な歯周病と言われている方、歯にダメージを与えないように噛み合わせを確認する必要があります。

 

歯周病が進行すると、悪い噛み合わせが歯周病をさらに悪化させる事がわかっています。咬合性外傷と言って歯周病が進行して支える骨が少なくなると噛む力でも歯の周囲の骨にダメージを与えるため歯周病が進行してしまいます。

 

歯周病治療を行う際には、咬合性外傷を起こさないために、歯をん連結してつなぎとめたり、噛み合わせを調整したりします。

 

特に、歯ぎしりのときに歯にかかる力が強いため、歯軋りをした際の噛み合わせを調整する事が重要になります。

 

噛み合わせの検査に関しましては下記のリンクページをご覧ください。

 

噛み合わせの検査のページ

顎関節症の方の歯科治療の注意

顎関節症の方の歯科治療は噛み合わせが重要です。

矯正治療、インプラント治療、歯周病治療、被せ物や審美治療の後に顎関節症が発症することがあります。

 

これは、矯正治療、インプラントや歯周病、審美歯科など被せ物などの治療を行うことで、噛み合わせが変わることが原因となります。

 

顎関節に負担のかかる噛み合わせで歯軋りをしてしまうことで、より強い力が顎関節にかかりますので、顎の負担にならない噛み合わせに直すことが重要になります。

 

顎関節症の方は、歯科治療前に顎のズレを検査し、顎のズレを改善した上で、顎に負担のかからない噛み合わせに直すことが理想的な治療と言えます。

 

噛み合わせ治療のページ 

虫歯や歯周病でなくても歯を失くことがあるの?

あまり知られていないことですが、近年、虫歯や歯周病で歯を抜く以外に歯が折れたりかけたりして歯を抜くことが増えています。

 

何かと言いますと、歯ぎしりや食いしばりによる歯の破折が原因で歯を抜くケースです。

 

虫歯や歯周病がない方でも噛み合わせの悪い方は、歯ぎしりや食いしばりによって歯を失うことになってしまう事があります。

 

歯ぎしりやかみ合わせは歯を長持ちされるうえで重要になります。

咬合性外傷ってご存知ですか?

前歯は問題ないのに奥歯だけどんどん歯周病が進行してしまったり、神経を抜くことになってしまっている方が増えています。

 

こういった場合の多くは、咬合性外傷と言って、奥歯にかみ合わせの負担がかかってしまて歯を悪くしていることによります。

 

噛む力の問題は、歯周病や虫歯以上に大変な問題で、咬合性外傷の歯は、歯周病の進行を急速に早めてしまったり、歯のヒビができることで内部のほうまで虫歯が進行することが起きます。

 

かみ合わせを変えずにインプラントや入れ歯をしても長持ちしないばかりか、さらにあごの骨の状態を悪くしてしまう事もあります。

 

まずは、かみ合わせの検査をする必要があります。

 

噛み合わせの検査のページ


続きを読む

口が開きにくいのは病気?

口が開きにくい方は治療が必要?

あなたは口を大きく開けれないとか、食事の時はどっちか片側で食べるのが楽とか言った症状がありませんか?

 

普段、口が開きにくい方でも、多くの場合、長期間経過して口が開かないのが習慣化してくるとそれほど不自由に感じられなくなってきます。

 

ただ、お分かりかと思いますが、日常生活に支障がない場合でも顎の関節の問題は改善してません。

 

口が開きにくい方の多くは、関節の動きをスムーズにする関節の軟骨がずれてしまう問題が起こっています。合わせて顎の位置がずれてしまう事が多いです。ひどい場合は関節の骨が変形して吸収して短くなってしまっています。

 

顎関節の問題がある方は、かみ合わせがずれてしまうため、奥歯がずれて強く当たることによって、歯が欠けてしまったり、削れてしまったり、歯周病が悪化してしまったりします。

 

咬合病と言っておりますが、しっかりと歯を磨いていても歯が折れてしまったりすると歯を残せなくなってしまうということが起こってしまいます。

 

そのため、将来、歯をしっかりと残したい、合わない入れ歯を入れたくないという方は、顎の関節や軟骨のずれが悪化するのを抑える必要があります。

 

口が開きにくいという場合の多くはお口の中の歯の状態が原因です。親知らずが生えてきたとか、歯並びが原因になることもあります。

 

まずは、顎関節の治療を行っている歯科にご相談されることをお勧めしております。

 

 

 

 

 

口が開かない方へのページ

 

 

続きを読む