歯周病が重度な方のための咬合治療

歯周病が重度に進行してしまうと、歯が揺れてきたり、歯が移動してかみ合わせが変わってしまったりします。

 

そのため、歯周病が重度な方は、単に歯石を取ったり、歯周病の治療をすれば良いということはなく、かみ合わせの治療も行う必要がある場合がしばしばあります。

 

歯周病の重度に進行してしまった方は経験されることが多いのですが、前歯が少し前に出てきてしまった、出っ歯になってきたと感じられる方が良くいらっしゃいます。

 

これは、歯周病が進行してかみ合わせが変化してしまう典型的な症状です。

 

かみ合わせが変わることで、さらに歯周病が進行しやすい、咬合性外傷という状態が起こりやすくなります。

 

咬合性外傷は、歯に対して強い力がかかることにより、歯が揺れることで歯周病の進行が内部まで進行して、垂直的に歯を支える骨が吸収することをいいます。

 

咬合性外傷が起こらないように、かみ合わせを検査して、しっかりとしたかみ合わせに治るために、矯正治療や差し歯の治療を行います。